本文へスキップ

【トピックス】築20年位経った家の玄関の装飾錠の鍵修理

トピックス一覧へ

築20年位経った家の玄関の装飾錠の鍵修理

 築20年位経過している戸建玄関に多い装飾錠は、築20年位経過すると、そろそろ鍵穴の磨耗や劣化、ケース内部の破損等で鍵の調子が悪くなり、結構多くの戸建住宅の家の玄関の鍵が故障しております。・・・とは言え既に20年も経過していますので、鍵が壊れても仕方ありません。
 装飾錠とは、扉を開ける時にドアハンドルを握って親指で押してドアを開くタイプが多いので、お客様でも分かり易いかと思います。設置から永年経過した装飾錠は、ケース内部の破損などで突然開かなくなる事があります。そんな時、「生活トラブルSOS」は修理、交換を出張で承ります。
 装飾錠は、昭和の戸建玄関に多く採用されましたが、現在では廃盤となってしまった装飾錠が多く、新築物件に採用されることはまずありません。装飾錠が調子が悪い、壊れた等の場合、その商品自体が廃盤になっている事が多いので、そのような時には現在主流のタイプの鍵と交換する事もお勧めです。
 鍵は防犯対策に欠かせない重要なアイテムです。 高価な鍵と言うよりも住まいにあった使い易い鍵を選ぶ事が大切です。

 鍵修理もすぐ出張致します。古い装飾錠が調子悪い。鍵を交換したい。ディンプルキーへ交換したい。ピッキング対策したい。廃番商品からの交換もお任せ下さい。


クレジットカード払い歓迎します。
ご予約は、24時間受付中です。

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。

日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

お電話はこちらから