本文へスキップ

【トピックス】補助鍵/補助錠を取り付けて、1ドア2ロックでの防犯対策をご検討下さい。

トピックス一覧へ

補助鍵/補助錠を取り付けて、1ドア2ロックでの防犯対策をご検討下さい。

 補助鍵/補助錠とは、既存の主錠の他に新たに取り付ける錠前の事です。補助鍵/補助錠を取り付けて、複数の錠前を付けることによりバール等のこじ開けに対する耐久力や、視覚的にも外観からの防犯性が高まり効果があります。
 当社では、補助鍵/補助錠の種類も豊富に取り揃えておりますので、防犯対策の強化をお考えの場合は、補助鍵/補助錠を取り付けて、1ドア2ロックでの防犯対策をご検討下さい。

注)賃貸にお住まいの方は、補助鍵/補助錠の取付には穴あけ加工工事が必要となりますので、事前にオーナー様に許可を取る事を勧めいたします。

 日本のスタンダードなドアの多くは強度が弱く、日本のドアの多くに採用している「外開き構造」と相まって簡単にこじ開けられてしまう危険性があります。改善するのが難しいドア鋼板(ドア板の厚み)、一般的な薄いものは、僅か0.7mmしかありません。ハンマーで軽く叩いても簡単に凹み、ドリルで簡単に穴も開けられます。ドアをロックするカンヌキを外す位であれば、ある程度のバールさえあれば、誰でもドアの鍵部を変形させることが出来てしまいます。
 防犯補助錠の取付はピッキング等の不正解錠にも効果はもちろんありますが、ドアの加工強度を上げる事もできます。補助錠取付位置は主錠から離れた場所でドアの隅に近くなるため変形させるのも困難になり、また、補助錠に多い面付け錠はドア内蔵の主錠に比べロックセットとドアの相互強度からみれば優秀です。また、ガードプレート等と組み合わせれば、十分な加工強度を確保できます。
 ドア及び玄関の防犯対策をお考えの場合は、補助鍵/補助錠による1ドア2ロックをお勧めいたします。


お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。

日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

お電話はこちらから