本文へスキップ

【トピックス】ピッキング対策・ディンプル錠への鍵交換のメリットとデメリット

トピックス一覧へ

ピッキング対策・ディンプル錠への鍵交換のメリットとデメリット

 現在、鍵穴を針金等で開錠してしまうピッキング犯罪は激減しています。それは何故かと言いますと、お客様の防犯意識が高くなり、メーカーも多種多様、ピッキングも出来ない状況のシリンダーが多くなり、ピッキングで開けられる家がほとんど無くなったからです。
  しかし、空き巣被害が激減している訳けではなく、ガラスを割って侵入する等、侵入方法が変わっただけのお話です。
  ディンプル錠は、ピッキングにも強く、合鍵も作り辛い反面、あまりに精度が高く、ほこりなどが鍵穴に入っただけで鍵が回らなくなったり、鍵を落としたり、何かにぶつけたりして少しでも鍵の表面が欠けると、鍵は回らなくなる場合もあります。
 また、中には製品の寿命も3年程度とかなり短命な錠前もあります。 ただ、安全はタダでは無いと言われる時代ですからお客様がよく検討されると良いと思います。

■ディンプル錠
 ディンプル錠は、ディスクシリンダー錠と違って、鍵にギザギザが付いてなく、その代わりに鍵の表面にに複雑なくぼみが沢山あります。ディンプル錠は防犯性が高く、ピッキング防止に役立ちます。また、このディンプル錠にも合鍵登録制、ICチップ導入、などを組み合わせた鍵があります。
 その他、ディンプル錠への鍵交換の他、鍵の防犯対策として「補助錠の追加(ワンドア・ツーロック)」・「電子錠への鍵交換」等があります。


お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。

日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

お電話はこちらから