本文へスキップ

【トピックス】鍵交換で迷う場合の参考例・・鍵のトラブルこんな時はどうすれば?

トピックス一覧へ

鍵交換で迷う場合の参考例・・鍵のトラブルこんな時はどうすれば?

 最近は多種多様の鍵(シリンダー)が、色々なメーカーから販売されております。一般的には、通常タイプの鍵「ギザギザの鍵」とディンプル鍵「クレーターのようなボツボツ穴が開いた鍵」の2種類が多く使用されています。
長期的な観点では、通常タイプの鍵「ギザギザの鍵」の方がメンテナンスの必要が無く、10年位は普通に使用でき、スペアキーを作りたい場合は、近所の合鍵屋さんですぐに簡単に作れます。昔ながらのタイプの鍵ですが、最近はピッキングにも強くなっています。

 ピッキングに対する防犯性では、ディンプル鍵の方が難易度の高い鍵となっております。ピッキング対策を強く希望される方や、ストーカー被害に遭われている方、過去にピッキングで空き巣などに入られた経験のある方にお勧めです。鍵のメーカーにより合鍵を無断で複製されないようにカード式タイプもあります。玄関の鍵に補助錠を追加して2ロックにするのも防犯性を高くしますので、お勧めいたします。

 また、当店では鍵交換をして頂いたお客様には、盗聴器調査も無料で実施致します。(盗聴器調査は、出張エリアや時間帯により盗聴器調査を受けられない場合もありますので、受付の際にご相談お願い致します。)

当店で鍵交換されたお客様へ・・鍵交換で盗聴器調査が無料!

●ドアの鍵交換は色々種類があってわかりません、どのタイプの鍵が良いのでしょうか?
目安料金:通常タイプの鍵「ギザギザの鍵」で12,000円〜、ディンプル錠「クレーターのようなボツボツ穴が開いた鍵」で20,000円〜
対応方法の一例:最近はピッキングによる空き巣被害は、かなり減少しており、通常タイプの鍵の交換でも防犯性が低いとは言えません。ランニングコストで考えれば、通常タイプの鍵交換がおすすめです。ディンプル錠の場合は、ランニングコストは高くなりますが、性能が良いのでピッキングでの侵入はほぼ不可能です。ランニングコストを考慮し、判断はお客様のお好みとなります。

●玄関ドアの鍵が固くて、なかなか回りません。どうしてでしょうか?
目安料金:8,000円〜
対応方法の一例:ドアの建付け不良が原因と思われます。ドアを少し持ち上げ、ドアを強く押しながら回して鍵が回り易くなるか試してみてください。また、油をさしてみるのも方法のひとつですが、その際は少量にして下さい。(やりすぎは油かすが残り逆に鍵が回らなくなります。)それでも開かない場合は、鍵屋さんに依頼しましょう。

●テンキー式の鍵や指紋錠の交換を検討していますが、必要性や価格面はどうでしょうか?
目安料金:100,000円〜
対応方法の一例:電化製品と考えて、玄関ドアに使用する場合はすごく高いランニングコストがかかる事を覚悟した方が良いでしょう。3〜4年とかで使用できなくなる場合もあります。使用できなくなった場合に交換する部品が無い可能性もありますので、十分注意が必要です。会社内など室内で使用する場合は便利で防犯性も良いと思います。しかしランニングコストはそれ相応でございます。


クレジットカード払い歓迎します。
ご予約は、24時間受付中です。

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。
日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS

お電話はこちらから