本文へスキップ

【トピックス】イモビライザーの機能と装着車両の見分け方

トピックス一覧へ

イモビライザーの機能と装着車両の見分け方

●イモビライザー・キーについて

イモビライザー

 最近は自動車の盗難防止のため、イモビライザーシステムを装備した自動車が増えてきました。なかには標準装備となっている車種もあります。

 ヨーロッパでは、1997年にイモビライザーの装着が義務付けられています。日本では、まだ義務化はされておりませんが、標準装備となっている車種も増えており、日本でも今後はイモビライザー装備車両が増えていくと思われます。

 当社では、イモビライザー装着車の鍵を紛失された場合でも、現場にて鍵穴から鍵を作製して、イモビライザー登録も対応しておりますので、イモビライザー装着車の鍵紛失でお困りの際も、お気軽にお電話ください。

 (メーカー、車種、型式、年式等および地域により、イモビライザー装備車に対応できない場合もございますので、詳しくはお電話の際にお問合せ下さい。)

●イモビライザーの機能

イモビラーザーの機能

 イモビライザーが装着されていない自動車の鍵では、キーシリンダーの物理的な噛み合わせに鍵が合っていれば、エンジンを始動することができます。

 イモビライザーは、キーに埋め込まれたトランスポンダ(電子チップ)のIDコードと車両側コントローラのIDコードを電子的に照合し、IDコードが一致した場合のみエンジンを始動することができます。IDが一致しない場合は、エンジンが始動しない仕組みになっていますので、鍵を複製しただけでは、エンジンをかけて走り出すことはできません。(ID登録をする必要があります。)

●イモビライザー装着車両の見分け方

 自分のクルマにイモビライザーが装着されているかどうか分からない方もいらっしゃいますが、イモビライザー装着車の多くは、メーターまわりにイモビライザーのインジケーターランプが付いています。イグニッションにキーを差していない状態では、点灯または点滅し、イモビ登録されたキーを差すと消灯するのが一般的です。

 その他、イモビライザー装着を示すステッカーが窓などに貼ってある車種もあります。

イモビライザーのランプとステッカー例

24時間緊急対応で承っておりますので、イモビライザー装着車の鍵トラブルもお気軽にご依頼ください。


クレジットカード払い歓迎します。
ご予約は、24時間受付中です。

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。

日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS 受付

お電話はこちらから