本文へスキップ

【トピックス】オートバイ・原付バイクの鍵紛失時の鍵作成について

トピックス一覧へ

オートバイ・原付バイクの鍵紛失時の鍵作成について

 オートバイ・原付バイクの鍵は、ギザギザが外側にある外溝タイプの鍵が一般的ですが、最近ではイモビライザー(盗難防止装置)付きの鍵も登場しております。外溝タイプの鍵は一般的な鍵ですので、普通に作成できますが、オートバイでイモビライザー付きの鍵は、鍵屋さんでも鍵作成の対応できないのが現状です。

 イモビライザー付きの鍵も自動車と同様、万一お客様が紛失してしまった時を考えれば、イモビライザーを付ける必要がある盗難リスクの高いオートバイか? 盗難リスクの低いオートバイか? について、お客様ご自身が購入の際によく考える必要があります。「盗難」だけに目を奪われると、鍵を無くした時などに大変な不便やリスクをお客様が背負う事になります。

 また、オートバイ・原付バイクの鍵穴は自動車と違い、車体の外に付いておりますので、鍵穴にいたずらをされてしまうケースがございます。オートバイ・原付バイクの鍵穴部分には、いたずらを防止する為にシャッター錠(鍵穴の上部をシャッターのような板で塞ぐ)という鍵がございます。このシャッター錠を紛失した場合は、全国の鍵屋さんで、鍵穴を壊さずに鍵作成が可能です。これは鍵穴のイタズラは多い事から必要性は高いと思います。

オートバイ・原付バイクの鍵作成は・・・
 オートバイ・原付バイクの鍵作成は、鍵屋の経験・知識・技術による「手作り」作業で作成します。鍵穴を覗き込み、鍵穴の段差を読み、数百種類のブランクキー(刻まれていない元の鍵)の中から、鍵を作成するバイクの車種に合うものを探し、刻みを彫って行きます。その刻みが正しくないと、鍵穴は絶対に回りません。これも鍵屋の技術と知識と経験から出来る確かな技術となります。

 鍵穴の段差とは、鍵の外側にあるギザギザで凹凸状のことで、その凹凸の高さの差を鍵穴の段差と言います。その高さは0.5ミリ単位で異なり、その段差を鍵屋が読めるか読めないかで、「鍵を作成できる」「鍵を作成できない」が決まります。

 鍵作成の際は、その元の鍵がない状態ですので、その段差を「鍵穴」を覗いて読むという、かなり高度な技術が無ければ製作できません。

 生活トラブルSOSは、24時間体制でお客様からのお電話受付〜鍵トラブルの緊急出張対応しております。自動車、オートバイ・原付バイクの鍵紛失、鍵トラブル等で困った場合は「生活トラブルSOS」にお電話 050-2018-0423下さい。お客様の地域の鍵屋の技術者が現場に出張し、鍵トラブルの対応をさせていただきます。

急な出費もご安心下さい。全てのクレジットカードをご利用いただけます。


クレジットカード払い歓迎します。
ご予約は、24時間受付中です。

お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。
日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS

お電話はこちらから