本文へスキップ

岡山県倉敷市でのバイクの鍵折れ修理で鍵作製

トピックス一覧へ

岡山県倉敷市でのバイクの鍵折れ修理で鍵作製

岡山県倉敷市でのバイクの鍵折れ修理で鍵作製

 岡山県倉敷市にてアメリカンバイク(ホンダ シャドウ400)の鍵が折れてしまった為、鍵作製のご依頼を頂き、バイクの鍵作製作業を行ってきましたので、主な事例としてご紹介いたします。
 鍵折れでの鍵作製のご依頼でしたが、ポケットの中で変形してしまった鍵を元に戻そうとしていたら、鍵が折れてしまった為、鍵穴には鍵の先端部分が残っていない状態で、鍵作製のみの作業でした。


 生活トラブルSOSの鍵のトラブル(鍵紛失/鍵開け・開錠/鍵修理/鍵交換)の緊急出張サービスは、全国の加盟店ならびに提携業者による均一価格で、お客様に一番近いエリア担当が、安心価格システムにてお伺いさせていただきます。

 全店賠償責任保険加入済み店ですので、作業中の事故・損傷の場合も安心です。是非お気軽にお電話ください。専門オペレーターが懇切丁寧に対応いたします。

【岡山県倉敷市:バイクの鍵作製】
出張場所 岡山県倉敷市
トラブル 鍵が折れてしまった為、鍵作製依頼。
鍵の種別 ホンダ シャドウ400
バイクの鍵(イモビライザーなし)
到着時刻 16:00(受付時刻 15:10)
完了時刻 16:15(作業時間 15分)
作業内容 ●現場に到着後状況確認。
●鍵穴より鍵作製しイグニッションが回るのを確認。
●作製したキーでメットホルダーの鍵も解錠出来ることを確認。
●エンジン始動を確認し作業完了。
コメント 中古で購入後、ほぼ毎日乗っているバイクだそうですが、ポケットの中で変形してしまった鍵を元に戻そうとしていたら、鍵が折れてしまったそうです。
 鍵が折れてしまった原因は、磨耗劣化していて曲がり易くなっていたのかも知れませんが、スペアキーがなく、最後の1本の鍵が折れてしまい途方にくれてしまったそうです。「スペアキーを作っておけばよかった。」と後悔されておりました。
 ネットで検索して、鍵屋でもバイクの鍵を作製できることが分かり、鍵作製のご依頼を頂きました。

■オートバイや原付バイクの鍵作製について

 オートバイや原付バイクの鍵を紛失した場合、現場で鍵穴から鍵を作製をします。鍵の作製方法について簡単にご説明いたします。

 鍵が一本も無い状態からのバイクの鍵作製は、削り加工されていない状態のブランクキーで製作します。特殊工具とスコープライトで鍵穴を覗いて鍵山の形状(凹凸)を読み取り、それを元に専用キー作製マシンを使用して、サンプルゲージという鍵を削る際に重要な鍵山の間隔(ピッチ)や深さがあらかじめ製作されている金属板をあてがって、ブランクキーを削って作製します。

オートバイや原付バイクの鍵作製について(ブランクキー)

 逆輸入車や外国製、または社外部品を使っているキーシリンダーは、ブランクキーの資料やサンプルゲージが通用しない物がありますが、その際はインプレッション技法という方法で、鍵穴、キーウェイに適合したキーを差し込み、鍵に付いた僅かな傷を頼りに細いヤスリを使い、手作業で鍵山を形成して作製します。

 鍵のユニット部品を外したり分解せずに鍵を作製しますので、鍵のユニット部品を取り寄せて交換(鍵穴交換)するより、時間も料金も節約できます。


 バイクの鍵トラブルでお困りの際は・・当社は24時間対応の鍵屋ですので、時間を気にせずお気軽にお電話ください。


お客様に3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供する
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理いたします。

日本全国24時間365日対応 安心価格システム
生活トラブルSOS

お電話はこちらから