本文へスキップ

空き巣の侵入手口と防犯注意点・具体的な対策

空き巣の侵入手口と防犯注意点・具体的な対策

防犯対策

■ピッキング
 鍵開け用の特殊工具(ピックツール)を鍵穴に差し込んで鍵を開錠する手口。
 通常の鍵で開錠した様に鍵を開けてしまう為、痕跡を残しません。空き巣・ドロボーが侵入中に帰宅した場合、犯人として出くわして、傷害などの別の犯罪に巻き込まれるケースもあり危険です。
 ディンプルキーや最近のギザギザキーは、ピッキング対策されピッキング被害に遭い難いので、鍵のシリンダー交換を検討してピッキング対策をお勧めいたします。

サムターン

■サムターン回し
 ドアスコープを取り外した穴やドリルでドアに穴をあけ、その穴から棒を差し込んで、鍵のサムターンを回しドアを開ける手口。
 室内への侵入の手口としては、特殊な技術が必要ないため、サムターン回しの対策を取るか取らないかで、犯罪に遭う可能性が格段に変わります。

■錠破り
 ドアスコープを取り外した穴やドリルでドアに穴をあけ、その穴から棒を差し込んで、鍵のサムターンを回しドアを開ける手口。
 室内への侵入の手口としては、特殊な技術が必要ないため、サムターン回しの対策を取るか取らないかで、犯罪に遭う可能性が格段に変わります。

■ガラス破り
 ガラス窓のクレセント(施錠装置)付近のガラスを割って開錠する手口。
 最近のサッシは、サブ(第2)補助ロックが付いているタイプや破壊しにくい防犯ガラスが採用されているものも多い。

■カム送り開錠
 シリンダー錠の隙間から特殊工具を差し込んで、錠ケース内の部品を強制的に移動させて開錠する手口。

■郵便受けサムターン回し
 ドアの郵便受けを破壊して腕を郵便受けに入れて、ドアの内側にあるサムターンを回して開錠する手口。足を郵便受けから入れて、開錠するCMもありましたが・・・

防犯対策注意点、具体的な対策で自己防衛

■玄関錠の対策〜補助錠を取り付けて1ドア2ロック
 補助錠を取り付けて「1ドア2ロック」・・1つのドアに2つの錠前を取り付け、ピッキングだけでなく、サムターン回しや破壊などの侵入手口に有効です。
 空き巣・泥棒は、開錠に時間がかかるのを嫌いますので、補助錠追加取り付けは玄関錠の防犯対策として、とても有効です。

■ガラス破り対策〜防犯ガラスで強化・補助錠追加
 ガラス破りでの侵入手口の場合、空き巣・泥棒は窓の中央部のクレセント錠を狙って、ガラス窓を割り開錠します。
 最近のサッシは、補助錠が付いているものも多くなりました。サッシが古く補助錠が付いていない場合は、比較的安価に後付できる補助錠もあり、取り付けも簡単にできます。

■戸締り施錠忘れ〜施錠の習慣付け
 空き巣・ドロボーは、戸締りをしていなかったり、鍵が付いていないところからも侵入しています。ゴミ出しでも施錠する習慣をつけましょう。浴室やトイレの窓など、施錠を忘れがちなところの施錠にも注意が必要です。

■不在対策〜不在を悟られない工夫
 新聞や郵便物がポストから溢れていると、留守にしていることが分かってしまいます。旅行や出張で長期間留守にする場合は配達を停止し、留守であることを気付かれないようにしましょう。