Home>自動車の鍵トラブル> 鍵のタイプとイモビライザー付きの鍵作製について

自動車・オートバイの鍵のタイプとイモビライザー付きの鍵作製について

 以前の自動車の鍵は、外側にギザギザがある外溝タイプの鍵が普通でしたが、1992年頃からはプレジデント、セルシオなどの高級車に使用されていた外側にギザギザがなく、内側に溝が削られている内溝タイプ(ウェーブキーとも言います)が使用されるようになりました。

 そして最近は、自動車・オートバイなどにも盗難防止装置付きのイモビライザータイプ、スマートキータイプの鍵が多く使用されるようになりました。外溝タイプ・内溝タイプの鍵は、鍵の製作料金に差はありますが、鍵の作成については、ほぼ全国的に対応が可能です。

 但し、最近多くなってきたイモビライザー・スマートーキータイプの鍵は、今でも鍵を製作できる車種が限定されており、特殊工具の搭載有無で対応可能な地域も限定されています。イモビライザー付の鍵を紛失すると結構厄介で、鍵屋で鍵作製できない場合は、最寄のディーラーなどでコンピューターを交換する必要があります。(紛失した鍵がイモビライザー付きの場合は、お電話にて車種を確認させていただいております。)

 車種をお伺いしてイモビライザー付きの鍵作製が困難な場合は、レッカー移動サービスも承っておりますので、ご利用ください。スキー場や海水浴場などの僻地でイモビライザー・スマートーキータイプの鍵を無くすと、鍵作製ができない場合、レッカー移動をして更に車をディーラーへ預ける必要があります。どちらにしても結構な出費になってしまうと思われます。

  当社の見解ではイモビライザーなどは、自動車・オートバイをを購入される際に盗難されるリスクの高い車種なのか、それとも低い車種なのかを判断して取り付けられるのが良いと思います。万一鍵を無くした時にそのリスクに見合っているかを判断する必要があると思います。

 一般的に軽自動車などは海外に輸出されませんので、盗難のリスクはかなり低いと思います。また原付バイクは盗難リスクはありますが、購入金額と紛失時の費用を考えると、少々検討する必要があります。イモビライザー(盗難防止装置)は無いよりあった方が良いと思いますが、イモビライザーを必要としない車種も多くあるのではと思います。

自動車の鍵作製について
 自動車・オートバイの鍵を紛失された場合、鍵穴から鍵を作製しますが、鍵屋独自の経験や情報を頼りに鍵を製作しております。鍵を作る過程は車種毎に全く異なります。また、同じ現場は一つも無く、現場の雰囲気であったり、雪や雨の中の作業、風の強い中の作業、市街地で作業車を横付けできない状態では、作業の効率もかなり違います。

 お客様が鍵を作製する作業を見た場合、鍵を簡単に作製していると思われる方が多いと思いますが、簡単に作れる鍵があっても、それはその鍵の技術者の日頃の準備や経験、蓄積したノウハウの結集ですが、お客様には簡単に鍵を作製している様に見えるそうです。


【クレジットカード払い歓迎します】
自動車の鍵紛失時は「生活トラブルSOS」 050-2018-0423 へご連絡下さい。24時間受付中です。

当店は3つの安心を宣言します。
【平等品質】
全てのお客様に平等で適正なサービスを提供します。
【請負責任】
施工中の事故、例えば作業員がガラスを誤って割ってしまった場合なども保険加入済みで安心。
【安心保証】
施行後の不具合は無償で保証修理致します。

日本全国24時間365日対応 安心価格システム
受付 Tel:050-2018-0423


ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.