Home>自動車・トラックの鍵トラブル> イモビラーザーの必要性と鍵紛失時のリスク

自動車の鍵紛失|イモビラーザーの必要性と鍵紛失時のリスク

 以前の自動車の鍵は、外側にギザギザがある「外溝タイプ」のものが一般的でしたが、1992年頃からトヨタのセルシオや日産のプレジデントなどの高級車には、外側が平らで内側に溝が削られた「内溝タイプ」の鍵が使われる様になりました。内溝タイプの鍵は「ウェーブキー」とも呼ばれていますが、ホンダ車の一部の車種にも多く使用されています。そして、近年の自動車には、盗難防止装置付きの「イモビライザー」タイプや、便利な「スマートキー」タイプの鍵が多く使われる様になってきました。

イモビラーザーの必要性と鍵紛失時のリスク

シリンダー・ダイヤル錠

 自動車の鍵を紛失してしまった場合は、現地に出張して鍵穴の形状を読み取ってブランキーから新しい鍵を作製することができます。「外溝タイプ」「内溝タイプ」の鍵は、新しい鍵の製作料金に差はありますが、ほぼ全国的に現場に出張して鍵作製対応が可能です。

 イモビライザーやスマートーキータイプの鍵作製は、現在でも鍵作製可能な車種は限定されており、イモビライザーやスマートーキータイプの鍵を作製するための特殊工具が必要になる為、これらの鍵を作製できない鍵屋さんも多いのが現状です。当社ではほぼ全国で対応可能ですが、一部対応できない地域もございますので、電話でご連絡を頂いた際に「イモビ付かどうか」を必ず確認しております。

 イモビライザー付きの鍵を紛失してしまうと大変厄介で、鍵屋で対応不可の場合は、最寄りのディーラーなどでコンピューターを交換する必要があります。この様な場合は、鍵をなくして動かすことができなくなってしまった車両を最寄りのディーラーまでレッカー移動して、更にディーラーに車両を預けて置く必要がありますので料金的にもかなりの出費となり、車両を預けて置く期間も必要になってしまいます。海水浴場やスキー場などの僻地で鍵を紛失してしまうと、レッカー移動の料金もかなりの出費になってしまいます。また、イモビライザー付の鍵作製料金も、特殊技術と特殊工具が必要になる為、それなりの出費が必要になってしまいます。その為、イモビライザー付の鍵の紛失には十分気を付ける必要があります。

 イモビライザー付の鍵は、盗難防止装置が付いておりセキュリティー性が優れていますが、鍵を紛失してしまった時にかかる費用は、通常の鍵作製料金と比べると高額になってしまいます。クルマを購入される際は「盗難リスクの高い車種か?」を検討して、万一鍵をなくしてしまった時に、そのリスクに見合っているかを判断する必要があると思います。

 判断基準としては、軽自動車などは盗難されても輸出はされませんので、盗難のリスクは低いと思われます。また、購入する時の料金が50万円以下のクルマやバイクの場合は、鍵紛失時の費用を考えると一考する必要があると思います。イモビライザーは、無いよりもあった方が良いものですが、イモビライザーを必要としない車種も多くあると思います。


 イモビライザー付の車種は、トヨタ/日産/ホンダ/レクサス/マツダ/三菱/スバル/いすゞ/ダイハツ/スズキ/三菱ふそう/日野自動車/日産ディーゼル・・・その他国産車、メルセデス・ベンツ/BMW/フォルクスワーゲン/ジャガー/アウディ/ポルシェ/オペル・・・その他外国輸入車など、ほとんどのメーカーで搭載している車種があります。

 イモビラーザー付の鍵紛失でお困りの際は、車種や現地の状況により鍵作製料金が変動しますが、お電話の際にできる限り正確な料金をご案内しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。



全国サービス網・・近い、早い、安いの日本全国36524時間対応

 生活トラブルSOSの鍵のトラブル(鍵紛失/鍵開け・開錠/鍵修理/鍵交換)の緊急出張サービスは、全国の加盟店ならびに提携業者による均一価格で、お客様に一番近いエリア担当が、安心価格システムにてお伺いさせていただきます。

 全店賠償責任保険加入済み店ですので、作業中の事故・損傷の場合も安心です。是非お気軽にお電話(050-2018-0423)ください。専門オペレーターが懇切丁寧に対応いたします。

ページトップへ
Copyright (C) 生活トラブルSOS All Rights Reserved.